転職エージェントの種類

シェアする

転職エージェントの種類の案

転職エージェントを分類する方法は様々に考えられる。

登録する転職エージェントの選び方にかかわる分類

先ずは説明するまでもないくらいシンプルな分類がこれ。

売上規模、取扱求人の数からの分類

大手転職エージェント、準大手転職エージェント、中小規模の転職エージェントなどといった分類。

取扱求人数が多いところは、売上規模も大きく、会社の規模も大きい。

登録したい転職エージェント

取扱求人案件の性格での分類

転職エージェントを分類しようと思った時、取り扱っている求人案件(求人情報)の性質から分ける方法がある。

特化型転職エージェント

業種で見れば、IT業界・通信業界の特化型転職エージェント、ものづくり業界・製造業に特化した転職エージェント、アパレル業界に特化した転職エージェントなどと分類できる。

職種で言えば、財務会計に特化した転職エージェントやエンジニアに特化した転職エージェントなどである。

総合型転職エージェント

この分類では、特化していない転職エージェントも存在し、総合型転職エージェントと呼べばいいだろう。

大手転職エージェントでは総合型転職エージェントが多い。ただ注意が必要なのは、大手転職エージェントでは、専門性が低いわけでは決してないと云うことだ。

むしろ特化型転職エージェントに相当する複数の部門があり、それが集まって総合型転職エージェントが形成されていると見るべきだろう。

大手転職エージェントでは、特化型転職エージェントに勝るとも劣らない専門性があることは留意しておきたい。

総合型転職エージェント|登録したい転職エージェント

ブティック型転職エージェント

ブティック型と呼ばれる転職エージェントは、取扱求人数といった規模ではなく、特定の業種、職種、或はその両方に強みを持つといった何らかのコンセプトを持つ転職エージェントのことだ。

大手転職エージェントの一部門は特化型転職エージェントに匹敵!?

大手転職エージェントは総合型転職エージェントで、特化型転職エージェントがブティック型と呼ばれるのに対して、デーパートメント型(百貨店型)とも呼ばれる。

品物によっては、百貨店の一つの売り場が専門店の売り場に匹敵するように、転職エージェントでも大規模な総合型転職エージェントも部門によっては、一つの特化型転職エージェントに相当する。

大手転職エージェントの一部門が特化型転職エージェントに勝るとも劣らないということだ。特にIT系や通信系についてはその傾向が強い。

いずれにしても、特化型転職エージェントに登録するから、大手総合型転職エージェントには登録しなくて良いということにはならないということだ。

なぜ何社も転職エージェントに登録するのか

登録する転職エージェントを決めるに当たっては、
転職エージェントの選び方-ランキングや口コミ情報は時間の無駄
を参照されたい。

転職エージェントとの付き合い方にかかわる分類

組織体制からの分類

組織体制というと仰々ぎょうぎょうしく聞こえるかもしれないが、分業体制の話だ。

クライアント企業(求人企業)への窓口担当と転職希望者への窓口担当とが同一の場合と分業している場合で分けられる。

クライアント企業への窓口担当と転職希望者への窓口担当が同一の場合は、一貫型或いは両面型転職エージェントと呼ぶ。

一方で、クライアント企業への窓口担当と転職希望者への窓口担当が異なる場合は分業型転職エージェントと呼ぶ。

一貫型転職エージェント

一貫型転職エージェントのメリット

一貫型転職エージェントでは、クライアント企業から求人案件を預かってきた本人から、求人情報の説明を受けることができることがメリットだ。

一貫型の転職エージェントは、中小規模の転職エージェントに多い。大手、準大手の転職エージェントは大半が分業型だ。

分業型では、転職希望者担当である転職コンサルタントは、クライアント企業担当からの「又聞き」で求人情報を説明することになる。

それに比べ、一貫型転職エージェントでは、求人案件について、より現実感のある生き生きとした説明が得られることだろう。質問に対しても、概ね即答が期待できる。

一貫型というのは、一つ一つの求人案件を一人の転職コンサルタントが取り扱う観点から表現している。一方で、両面型という場合には、一人の転職コンサルタントが求人企業と転職希望者の両面を見ている観点から表現している。

一貫型転職エージェントのデメリット

転職コンサルタントが実質1名しかいないような小規模転職エージェントでは気になることが無いが、多少の規模があると転職エージェントだと起こることがある。

それは、あなたは求人案件の紹介を受けるたびに、別の転職コンサルタントから話を聞くことになることだ。

偶々たまたま同じ転職コンサルタントから話を聞くこともあるだろうが、基本的に求人案件を預かってきた転職コンサルタントから話を聞くことになる。

分業型では、転職コンサルタントがあなたに専任するから、それに比べると落ち着きのない印象を受けることがあるかもしれない。だが、そういうことが起こるものだと理解しておくと、デメリットはあまり気にならずむしろメリットに目が行くようになるだろう。従って敢えて指摘しておく。

一貫型転職エージェントのデメリットではなくメリットなのかもしれない

それとは裏腹に、転職コンサルタントが専任しないことで、様々な転職コンサルタントと接することができる。

職務経歴書の添削一つを取ってみても、複数の転職コンサルタントから指導を受けることができるので、いろいろな角度から話を聞かれるという意味でメリットになる。


分業型転職エージェント

分業型転職エージェントのメリット

転職希望者が転職エージェントに登録すると、転職コンサルタントが専任で担当する。

相性問題などを勘案して、転職コンサルタントの交代を申し出ることができるシステムを導入している転職エージェントもあるが、基本的には1人の転職コンサルタントがあなたに専任する。

専任の転職コンサルタントがいるという安心感がある。1人の専任転職コンサルタントがあなたに関わることを一元管理しているという安心感だ。

応募状況の進捗なども、あなたに専任の転職コンサルタントに問い合わせると、転職コンサルタントがクライアント企業担当に確認する。

従って、あなたにとってオペレーションが極めてシンプルで済む。

分業型転職エージェントのデメリット

一貫型転職エージェントのところで触れたが、クライアント企業への窓口担当が求人情報を預かってきているため、転職コンサルタントは又聞きになってしまうという点だ。

これも、クライアント企業担当と転職コンサルタントが密な連絡を取り合えば、特段問題にはならない。

大手転職エージェントや準大手の転職エージェントの大半が、分業型を敷いていることを見ても、デメリットと云うほどではないということ。


  • 大手では大半が分業型、中でも業界首位。コンサルタントの変更はサポートデスクから面談後に届くメールで依頼可能。
  • 職務経歴書なら専任の転職コンサルタントに相談
  • コンサルタントに自信、更にオンラインでチェンジ可

早期に転職が成功する効率的な活動方法

転職エージェント抜きでは充分な転職活動はできない