転職エージェントの平均年収アップ額?何の意味があるって言うんだ!

シェアする

ペテンにかかるな!

イメージだけで意味の無い情報

或る転職情報系のウェブサイトを見て驚いた。

転職エージェントを選ぼうとしている転職希望者を馬鹿にしているのか、それとも騙そうとしているのか。

意味のない情報の羅列によるランキング。

表に纏められた情報は、

  • 平均年収アップ額
  • 公開求人数
  • 非公開求人数
  • 対応地域

である。これを見ただけで、ウェブサイトの作成者が転職エージェントを満足に理解していないことが分かる。

それでも、この中にも一つだけ役に立つ項目は含まれている。

どれか、お解りだろうか。

正解は「対応地域」だ。転職エージェントの対応地域だけに意味がある。

逆に上掲の4つ全てに意味があると思ったあなたは相当に重症だ。所謂、情報弱者と言われても仕方が無い。情報を正しく読めないから、商売ではカモにされる。

職種によってはその時点でお払い箱だ。このようなペテンの上を行かなければ仕事にならない職種でのことだ。

では念のために、各項目について見て行く。

平均年収アップ額

先ずは平均年収アップ額を単純に比較しても意味が無い理由。

平均年収が300万の転職希望者が集まる転職エージェント「甲」では、平均450万になっているとしよう。

一方で、平均年収800万の転職希望者が集まる転職エージェント「乙」で転職後平均年収が1,000万になっているとする。

前者「甲」は平均年収アップ率は50%、後者「乙」では25%だが、そもそも単純比較に意味があるのだろうかという話だ。

そもそも「甲」、「乙」では取り扱う転職希望者層が異なるのだから、転職エージェント選びに於いて、比較することに意味はないのは勿論のことだし、年収レンジによって年俸の伸び率の価値は変わってくる。

社内でも聞かれないだろうか。「年収ベースで当社ではもう上限に近いから、給与をあまる上昇させることはできない」と云った表現を。

これは口実でもあるのだが、ある一定のレンジ例えば300万~500万とか400万~600万とか、会社によってレンジは異なるが、給与を上昇させやすいレンジと、役員報酬など他との兼ね合いでいじりにくい年俸レンジというものはあるものだ。

だから、見方を変えれば、例えば、先の例で言えば、ハイクラスの転職である後者の25%上昇の方が価値が高く凄いのかもしれないということなのだ。

今、転職希望者層が異なる転職エージェントで例を挙げたが、同じ平均年収アップ率と言っても、その値打ちは個々の内訳次第でも変わってくる。

もっと本質的な理由を挙げてしまえば、年収アップ率は、転職希望者個々人に起因する部分が大きい

平均年収アップ率の高い転職エージェントに登録し、転職支援を受ければそのおこぼれにあずかり、あなたの年収アップ率も高くなると想像するのは全くの幻想ということだ。

公開求人数、非公開求人数

これは取り扱い求人数を公開求人数と非公開求人数の別に分けているのだと思うが、求人の内訳が問題となる。

あなたが製造業系のエンジニアだとしよう。製造業系エンジニアに特化した転職エージェントで求人を6,000件保有しているのと、あらゆる分野の業種、職種を網羅的に保有する総合型転職エージェントで求人を100,000件保有しているのと、あなたにとって、どちがが好ましいと言えるのだろうか。

より多くの機会を得るため、転職エージェントは数多く利用した方が機会チャンスが拡がるから、迷ったら両方に登録することをお勧めするが、転職エージェントの良し悪しは、単に取り扱い求人数の多寡たかでは、比較判断できないことはお分かりいただけることと思う。これは製造系エンジニアでは無いあなたにとっても同じことだ。

対応地域

これには意味がある。

転職エージェントが対象求人を取り扱っていない地域に勤務希望では、登録しても満足の行く転職支援は受けられないからだ。

例えば、関東、しかも東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一都三県が勤務地の求人しか取り扱わない転職エージェントに、大阪、名古屋、福岡などの転職を希望して登録しても転職支援は受けられないだろう。だから主としてあなたが登録する転職エージェントが勤務地が何処の求人を取り扱っているのかを確認することはたいへん重要なことなのだ。

自分の頭で考えて転職

「考えて転職」の主導動機Leitmotivライトモチーフでもあるのですが、如何いかなる情報も鵜呑うのみにせず、あなたの頭で道理に適っているか判断した上で、活用して欲しい。それは「考えて転職」内の情報についても同様だ。

少なくとも「考えて転職」では血肉けつにく化させた知識・経験に基づいてしたためている。異議があったら、お問い合わせから知らせて欲しい。約束はできないが、可能な限り回答になるような記事をしたためたいと思う。


余談だが、本記事は、幾つかの転職系ウェブサイトを見て覚えた怒りの結晶だ。転職希望者を惑わす根拠のない情報を垂れ流しにしているのを目にしたからだ。不安や無知を食い物にするのは良く無い。「よ~く考えよう!」