マンネリ打破だ!変化を起こせ!

シェアする

マンネリ打破

ジタバタするのがカギ(鍵)だ!

転職活動を続けてきたが、どうも進展がない。

マンネリ化しているのが自分でも分かる。どうしたら良いかいつも考えている。

頭でっかちに近道ばかり探すんじゃなく、自分で自分を追い込んで、とにかく動く、とにかく探す、とにかく聞いてみる、とにかく何か違うことをやってみる、ジタバタやらないとダメなんです。

これは、決して転職について書かれているわけではない。「ここらで広告コピーの本当の話をします。(小霜和也著)」という本の中の一文だ。コピーライターが良いコピーライティングをするための姿勢について描かれている。でも転職活動中のあなたにもピッタリと当てはまる。

ジタバタするのはキツイ

実際に、求人に応募することや、転職エージェントに出かけて行って、転職コンサルタントと面談することは結構タフだ(キツイ)。

何度か、職務経歴にキャリアプラン、転職希望理由や退職理由(離職理由)を説明するのは、相手にとっては毎回初めてでも、説明する側にとっては毎回同じ。少々苛立ってくることも解る。

転職希望理由や退職理由などは、特に話したくない、話していて気分が悪くなるような内容もあるだろうし、できれば何度もやりたくないものだ。

とにかく動く・何か違うことをやってみる

それでも転職すると決めた以上は、ジタバタしないといけない。必ずしも自分を追い込む必要は無いけれども、とにかく動く、求人を探すことだ。

そして転職コンサルタントに聞いてみる。とにかく聞いてみる。紹介してくれる求人案件は無いか。少々、希望と合わないと思われるものでも、詳しく聞いてみると、案外と興味を引くことも有る。そういったものをダメもとで紹介してくれとか範囲を拡げてみる。

既に面識のある転職コンサルタントすべてに聞いてみたら、新しい転職エージェントへのアプローチ※は欠かせない。とにかく待つだけでなく、何か違うことをやってみることだ。

新しい転職エージェントへのアプローチが推奨される理由は、新しい転職コンサルタントとの出会いを意味するからだ。転職コンサルタントに限らず、新しい人との出会いは、変化の切っ掛けになることが多い。「転職」を切り口に活動しているのだから、転職つながりで人との出会いを求めるのは至極妥当だろう。新しい風を吹き込む人に出会えるかもしれない。行動に希望を持つことはそれだけでも意味が有る。

やらない理由はいい

上掲の「ここらで広告コピーの本当の話をします。(小霜和也著)」から再び引用する。

マンションの広告なら、「まず建設予定地に言ってみる」なんて指示するまでもない当たり前のこと。「現地に行った?」と聞くと「いやそこまでは」とか言う。「なんで行かなかったの」と問うと、やらない理由をペラペラしゃべる。そういうコピーライターの多いこと。

実際に現地に運べば、進学塾が多いなとか、ママチャリの母子だらけだと気付くこともあり、ターゲットの心に刺さるコピーが書けるのに、それをやらないと言う。

自分を追い込んだとき、火事場の馬鹿力というか、良い案は自分を追い込んだ時、締め切りのギリギリにでてくるという。

僥倖(ぎょうこう)|幸運の女神のほほえみ

転職活動でも同じことが言える。コピーと同じ。結局は、最後に1つ良いモノが捻り出されれば良い。つまり転職先で言えば、1つ良いところが見つかり、そこに採用が決まれば良いだけの話なのだ。2つは要らない。同時にコピー2つは使えないように、2社に勤務することはできない。

だから転職エージェントにも面談のために足を運ぶ。自分のことを転職コンサルタントにしっかりと分ってもらったら、しつこくならない程度に間断なくコンタクトを入れる。言われなくても当たり前のことだと思うがどうだろう?

ジタバタと当たり前のことをやっているあなたには、きっと幸運の女神は微笑む。

ペラペラやらずにジタバタする

ここでやらない理由をペラペラ言っては欲しくない。やらない理由を心に抱くのも同じこと。そんなことよりも、とにかくやる。そうしなければマンネリを打破する力は生まれないし、変化も起きない。やらなければ、あなたのためにいいコピーは捻り出されないし、良い転職先も見つからない。

あなたは転職を決める為には、頭でっかちに近道ばかり探すんじゃなく、自分で自分を追い込んで、とにかく動く、とにかく探す、とにかく聞いてみる、とにかく何か違うことをやってみる、ジタバタやらないとダメなんです。小霜さんのこの言葉を締めとしたい。

初めに 転職エージェントの登録については ¶ 転職エージェントへの登録はこうする! 早期に転職を成功...