転職活動で行き詰まりを感じた時の考え方

シェアする

行き詰まり

集中すること。それ自体は悪いことでは無い。寧ろ一般的には良いことと看做されているだろう。

ところが集中した結果、視野が狭くなってしまうとしたらどうだろう。良いことでは無いのは明らかだ。

転職でもそうだ。転職の重要性をしっかりと噛み締めて転職活動に専念することは良いことだ。

だがともすると転職活動の重みに飲みこまれてはいないだろうか。

転職は間違いなく人生の一大事ではあるが、転職が人生の全てでは無いのだ。

本質的には1社が決まれば良い

転職活動を続ける。思うように活動は進まない。

応募したいと感じる求人自体がまばらだし、意を決して応募し、面接に漕ぎ着けても募集要項の内容と著しく異なる。これは近頃ではよくあることかもしれない。

面接に行かれるのなら良い方で、書類選考に漏れることがしばしばだという嘆きがあるかもしれない。

言いっ放しの外野には耳を貸さない

煮詰まったあなたに対し、無責任な外野の人々は、

転職活動に苦労は付き物。もう少し頑張りなよ。

などと言う。

事の重大性をしっかり理解した上で、転職活動に専心し続けた結果、煮詰まってしまっているというのにもかかわらずだ。

これ以上どうすれば好いと言うのだ。本音は中らずとも遠からずだろう。

気晴らしをして直ぐに英気を養える状態なら良いが、ほとほと転職活動に嫌気が差してしまうこともある。そうなると如何ともし難い心持になる。

応募は束で考えない

これまで何度も履歴書、職務経歴書を作成し、企業に応募してきた。

10社ならまだまだ良い方で、リーマンショック直後や東日本大地震直後の頃などは、100社応募しても内定が得られないなんてこともあった。

こんな風に応募を束にして考えるから、気が滅入ってくるのだ。

たった1社

そんな時、気持ちを楽にする方法がある。

どうすれば良いか。

現実として希望する企業1社から内定をもらいさえすれば良いということを強く再認識する。

つまり、たった1社から内定をもらいさえすれば良いこと。そしてたった1社から内定をもらい入社を決めさえすれば、あなたの現在の悩みは概ね解決されるということを改めて思い出す。

フォーカス

何を当たり前のことをと思うかもしれない。当たり前のことでも、焦点を定めてしっかり認識することで解消される問題もある。

漠然と、これまでの転職活動とこれからも続く転職活動を闇雲に思い描くから、ウンザリしてくる。

だから、転職活動は、

  • 1社1社への応募の積み重ねからなっているということ
  • 本質的にあなた合った企業1社に内定をもらいさえすれば十分であること

をもう一度しっかりと噛み締めたい。

転職活動一連の作業に慣れが生まれ、マンネリ化する。つまり1社1社の応募が、10社のうちの1社みたいな位置付けになってくる。本来なら1社1社の応募は、独立していて個別的なものなのに、10社まとめて応募しなければいけない気分になってくるというわけだ。

初めから10社に応募するということでは無く、1社1社応募し、結果10社になるということなのだ。ニュアンスの違いは汲み取ってもらえるだろうか。

本質的に、応募も、就職も、最終的には1社が問題だということ。

複数同時に応募では!?

では、先程、少し触れたリーマンショックや東日本大地震直後の空前の就職難の時期には、転職コンサルタントから

常時、10社くらいは同時並行で応募しておいた方が良いですよ。

とアドバイスされたことがある。

焦点

「同時並行で10社に応募せよ」は、「1社1社応募し、結果10社になる」と相矛盾するように感じるかもしれない。

ところが、一つの現実に異なるところに光を当てただけなのだ。

つまり、現実に達成しなければならないことは、1社1社渾身の応募をすることであるのに対し、「同時並行で10社に応募せよ」では、応募後の思わしくない結果に対する過度の落胆を抑制するものだということだ。

転職活動に嫌気が差したら、1つ1つの積み重ねであることに焦点を当てて奮起する。一方で、転職活動が通常通り行える状況なら、効率化を目指し、転職期間の短縮を目論んで、同時並行で進めようと奮起するのだ。

分りにくければ、喩えて言うと、コンサートで演奏するとする。緊張でガチガチになっていれば、肩の力を抜いてとか、リラックスした方が良いとアドバイスするだろう。一方で、緊張感が感じられない状態なら、気を引き締めてとか、緊張感を持てとアドバイスするだろう。どちらも目指すところは、適度な緊張感を持って、演奏するということのはずだ。

転職活動も同様だということだ。