登録したい転職エージェント

シェアする

転職コンサルタントと手を取りあって

初めに

大手転職エージェント

大手転職エージェントに登録するメリットは

  • 非公開求人を含め取扱求人案件数が膨大であること
  • 日本全国と対応地域が広いこと
  • 実績と信頼があること

が挙げられる。

大規模ゆえあなたに合った求人情報がある可能性が見込めるのが最大のメリットかもしれない。

大手転職エージェントへの同時多数登録は自衛策

膨大な求人情報を保有していても、あなたに合った求人を見い出せず、面談に招待されないことはある。

そういう時は、次、次、次へと登録するのだ。

転職エージェントに1社だけに登録すれば、面談に招待されなかったらめげるものだ。すると新たに次に登録するのが怖くなったり、億劫になっったりしてしまう。

だからこそ、意気消沈しないように、安全策として同時にたくさんの転職エージェントに登録して置く。そうすれば、どこかしらは面談に招待してくれる。招待されなかった経験があるからこそ伝えておきたい。

仮に大手に断られたって大丈夫。面談に招待してくれる転職エージェントはきっとある。それを実際に体験した。そういう時は、転職エージェントの集まった転職サイトでスカウトメールを待つ。

でも先ずは大手数社には当たっておきたい。やはり膨大な数の非公開求人は魅力的だ。

三大大手転職エージェント

リクルートエージェント

歴史に裏付けられた実績

実績豊富な転職アドバイザー(リクルートエージェントでの転職コンサルタントのこと)は既に30万人以上の転職を成功に導いている。

再三、「考えて転職」では、転職は個人的なことだから、大枠の総数には意味がないとは言って来た。

それでも・・・

大手は大手故に登録す・・・いわんや最大手をや

(大手は大手だから登録する。ましてや最大手を登録しないことがあろうか。登録するに決まっている。)

大手は大手ゆえに登録しておいた方が良いことは既に述べた。

30万人の転職成功者という数字を見て、あなたの転職も成功に導かれそうな予感がするだろう。それで十分だ。

ポジティブな気持ちで転職エージェントに登録すれば、道は開かれる。

転職成功実績No.1

転職ならリクルートエージェント

最大手様には、意地は張らずに登録して置くこと。

パーソルキャリアのDODA

パーソルキャリア(旧インテリジェンス※)のDODAは

職務経歴書の書き方ならDODA転職支援サービス

とある。

職務経歴書の書き方に不安があるなら最適だ。

書類選考通過率をアップしたいなら外せない転職エージェントだ。

職務経歴書の作成技術は一生モノ

納得できる水準まで職務経歴書の質を向上させる|早期に転職が成功する効率的な活動方法で触れたとおり職務経歴書の作成技術は一生モノだ。

職務経歴書作成技術はこの機会に是非習得しておきたい。

この趣旨でピッタリの転職エージェントだ。

※ 株式会社インテリジェンスは、平成29年7月1日、パーソルキャリア株式会社に社名変更しました。

ジェイエイシーリクルートメント

大手にして一貫型転職エージェントなのが特長だ。転職コンサルタントが実際に求人企業に足を運んでいる。

1社で数社分の魅力

一度に複数の転職コンサルタントとお付き合いできることがあることも魅力の一つだ。

JAC Recruitmentは1社で数社分!JACリクルートメントは転職エージェント何社か分に匹敵!

あなたのための求人を創造

JACリクルートメントでは

JACはあなたのための求人を創造します。

とある。

要するに、企業が依頼した求人(募集要項)の枠には留まらず、場合によっては、あなたの能力、経験、スキルに合わせて、企業側に新たなポジション作り(組織作り)までも含めて提案すると言うことだ。

上手くはまれば、求人に応募するといった一般的な転職では想像できない素晴らしい転職が実現することは間違いない。

大手優良企業からベンチャー、海外転職、外資へも強み

国内外の企業からの信頼も厚い。

原則24時間以内対応

あらゆる問い合わせに対し、原則24時間以内に対応又は状況報告すると言う。転職活動での待ちの苦しみが少しは解消されるだろう。

クライアント企業(求人企業)からだけでなく、転職希望者からの信頼が厚いのがJACリクルートメントだ。

登録したい転職エージェント

ワークポート

首都圏、関西、福岡が希望勤務地のあなたにお勧め!

かつてはIT業界、ゲーム業界の転職。エンジニア、クリエイターの転職はワークポートという形で紹介されていた。

特化型の強みをそのまま残し総合転職エージェントに進化

それぞれの強みはそのままに総合転職エージェントに生まれ変わった。

ものづくり業界の転職、営業職の転職、女性の転職、人材業界の転職、建築建設業界の転職とテーマを掲げている。

自慢の転職コンシェルジュは変更可能

まごころサポートがセールスポイントであるワークポートの転職コンシェルジュ。

キャリア・コンシェルジュ

まごころサポートのワークポートでは、転職コンサルタントのことを、ホテルのコンシェルジュになぞらえて転職コンシェルジュと呼んでいる。

近頃、コンシェルジュという言葉をいろいろな場面で聞くようになったが、ワークポートがホテル以外での使い出しの走りではないかと思う。

質の高さが自慢で粒ぞろいの転職コンシェルジュ。だが残念ながら人には相性がある。

転職コンシェルジュとの面談後に発行されるマイページ・eコンシェルで担当変更を設定できる。

ちなみにeコンシェルはワークポート自社開発のシステム。

転職希望者からのフィードバックを受けて素早く改良できることも自慢の一つ。もちろんeコンシェルは使いやすさにも自信がある。

小さな不安でも可能なら取り除くワークポート流

転職コンシェルジュとの相性を初めとし、小さい段階から不安の種を解消していくのがワークポート流。

他にも様々な不安解消の試みがあるワークポート流を体験することだ。