管理部門向け転職エージェント

シェアする

管理部門

事務・管理部門バックオフィス経験者には幸いにして特化型転職エージェントが存在する。

大手・準大手転職エージェントに加え、特化型ゆえに専門性で勝る特化型転職エージェントに併せて登録しておこう。

※ 特化型転職エージェントが有る場合には大手と併せて登録しておく理由

転職エージェントへの登録はこうする! を参照のこと。

堅実な転職活動のために特化型転職エージェントにも登録

事前準備・事前の情報収集は大切

転職については慎重に事を勧めた方が良い。その為には事前準備、事前の情報収集は欠かせない。

転職に備えて、転職エージェントに期待することは

  • 職務経歴書の質的向上
  • 人材紹介業界から見た業界動向、技術動向についての情報
  • 転職市場動向(あなたの市場価値も含めて)
  • 求人紹介
  • キャリアプラニング

といったあたりになるだろう。

本来は、転職を決断する前に、転職エージェントに相談して置くことが望ましい。

転職希望者目線から見た求人動向と人材紹介業から見た求人動向は微妙に異なることもあるからだ。言い換えれば、現場感覚から窺い知る求人動向と転職市場の実態は微妙に異なるかもしれないということだ。

転職活動は有利に進めたいから、事前に情報を持っていた方が良い。

キャリア的にあと一年は待った方がずっと好条件の引き合いが出てきますよ。

といった判断は転職コンサルタントならできる。

転職すると決めてしまう前に、転職するタイミングを考える段階を持てると、それだけ有利なわけだ。

転職しなければならない事情ならば致し方ないが、キャリアアップやスキルアップを狙いたいなど、自発的に転職を決められる余裕のある状況なら、先ずは転職コンサルタント何人か会ってみることだ。決断はその後でも遅くはない。

何人かに会う理由は、転職コンサルタント一人の意見を絶対視しないためでもある。プロフェッショナルでも見解が異なることは多々あるし、転職は人生の一大事、セカンドオピニオンがあってもまだ心許ない。視野は拡げるに越したことは無い。だから可能な限り多くの転職コンサルタントに会える機会を作る。その為には労を惜しまず、転職エージェントには数多く登録しなければならない。

MS-Japanエムエスジャパン

1990年創業の老舗。東京(飯田橋)を本社とし、横浜(神奈川)、名古屋(愛知)、大阪、京都に支社。※

※ 仮に拠点を少々遠く感じたとしても、全く問題無い。転職エージェント自体に足を運ぶのは、初期に一度面談に赴くくらいなのだ。く言う私も2時間弱の時間を掛けて面談に行った。その後は、メールと電話でのやりとりだ。

エリア別の求人多数。

管理部門(経理・財務・人事・総務・経営企画等)/スペシャリスト(公認会計士・税理士・弁理士・金融専門職等)に特化

上場企業・国内優良企業・外資系企業または会計事務所・監査法人・法律事務所といった幅広く高度なニーズに応えられる人材紹介サービス。

高い専門性を持つ転職コンサルタント

キャリアアドバイザーは高い専門性を持つことから、あなたの職務経歴キャリアを正しく評価できます。

的確な求人紹介はキャリアの正当な評価がスタートラインですから、転職コンサルタントが高い専門性を持つことはとても大切です。その点でとても心強い転職エージェントです。

MS-Japanはバックオフィス(管理部門)のオールマイティ