転職情報の嘘に騙されない-自分の頭で考える

シェアする

自分の頭で考える

転職について話を勧める前に、自問して欲しい。

あなたの転職活動は人に流されてはいないか!?

※ 「あなたの転職活動は付和雷同ふわらいどう型ではないか!?」から平易な表現に変更しました。

わたしは転職活動を、きちんと考えて行っているだろうか。

気持ちばかりが先行し、なんとなく進めてはいないだろうか。

わたしは転職や転職活動の持つ重みを本当に理解していると言えるだろうか。

考える前に動くことが求められる場面もあろうが、転職活動では時間的損失が大きい。

だから、それでは駄目だ!

転職活動では考えてから行動する。

転職活動は自分の頭で考えて行わなければいけない

転職活動を思い立った時、どうやって転職活動をすれば良いかウェブ検索を頼ったとしよう。

ウェブ検索すること自体は必ずしも悪いことではない。でもウェブ情報をそのまま鵜呑うのみにするとしたら、それは考えものだ。

根拠の無い情報をまことしやかに掲載しているウェブサイトもあれば、それを見て真偽を確かめることなく転載するウェブサイトも後を絶たない。所謂いわゆるパクリというやつだ。

玉石混淆ぎょくせきこんこう※の転職情報の中から、あなたにとって真に有益な情報を見極めなければならない。

玉石混淆(ぎょくせきこんこう)
すぐれたもの、つまらないものが、入り混じっていること。(岩波国語辞典 第六版

転職情報の2つの種類

転職情報を大きく2つに分けよう。

分け方は簡単

  • 考えれば真偽を見極められる情報
  • 考えても真偽は見極められない情報

の2つだ。

何を当たり前のことをと馬鹿にせず、きちんと理解して読み進めて欲しい。

考えれば真偽を見極められる情報は、具体的に挙げれば転職活動の方法論。

例えば、「転職エージェントを活用した方が転職を有利に進められる」という情報。

転職エージェントには一般には公開されていない膨大な求人情報がある。

求人情報自体も記載されている募集要項の内容に加えて、求人背景など募集要項からは読み取れない求人情報が手に入る。(謂わば、チラシの裏情報、行間の情報)

そして、職務経歴書の添削や面接のアドバイスがもらえる。

しかも転職エージェントのサービスは無料である。

よく考えれば、転職エージェントを活用することはかなっていることはわかる。

かるでもわかるでもなく、解るを使った意味を感じてもらえたら尚嬉しい。

転職エージェントを活用するのは当然だという結論になる。

あくまでも「転職エージェントを活用すべきである」ことは、考えれば当たり前のことで、理論的に考えれば自明のことだ。

仮に異論があるならば、じっくりと考えて欲しい。

嘘八百うそはっぴゃく

一方で、幾ら考えても真偽が見極められない情報がある。

それは特定の転職エージェントの推奨情報(お勧め情報)などだ。

「どこどこの転職エージェントが一番良い」という情報は、事前には確かめようがない。ランキングや口コミ情報などは、掲示しているものが作為的に作っているもので、その根拠を問うても曖昧あいまいだ。

例えば、スマートフォンの良し悪しはスペックなど※から、お勧めランキングを作成するのは可能かもしれない。(※製品が本当にカタログスペック通りに製造されていれば、比較が可能。しかしながら、使い勝手など主観的な要素など、実際に使わないと分からない部分は残る。)

しかしながら、転職エージェントではお勧めランキング作成は実質不可能だ。それは、スマホなら、どの顧客にもスペック的には同じものを提供できるが、転職エージェントではそうは行かない。顧客である転職希望者、つまり、あなた次第になる部分が余りにも大きいからだ。

ランキングと口コミ情報は閲覧禁止 転職エージェントの選び方として、あなたが転職エージェントランキングや口コミ情...

もちろん、客観的な情報、例えば、年間売上高や保有求人案件数で転職エージェントランキングを作ることはできるだろう。けれどもそんなものがあなたにとって有用だろうか。

必要なものはあなたがお付き合いする転職エージェントを選択する尺度だ。

転職エージェントの選び方については大まかな指針しか示せない

実際のところ、大手転職エージェントと中小規模の転職エージェントは選択方法が違うから、大きく分類することに意味はある。

大手転職エージェントは基本は登録する。一方で、中小規模、特に小規模の転職エージェントは、保有求人にかたよりがあることが多いから、見つけたら登録して行くというわけにはいかない。

あなたにピッタリの求人を多く保有しているところと出会えたら、たくさんの求人案件を紹介してくれるだろう。逆に、あなた向きの求人を持っていない転職エージェントであれば、求人案件を紹介したくても紹介出来ないだろう。

だから基本は登録すべき大手転職エージェント保有している求人情報に興味を持ったら登録するのが良い中小規模の転職エージェントとを区別して置くことには意味があるのだ。

転職情報の嘘にもう騙されない!

まことしやかに流布されている転職情報もい加減なものが多い。既に挙げた転職エージェントランキングなどはその最たる例だ。したり顔で転職エージェントランキングなど掲示しているようだが胡散臭うさんくさいことこの上ない。

なぜならば、大手や準大手の転職エージェントといえども、誰もが同じ待遇を受けるわけでは無いからだ。

そんな当たり前のことを踏まえずに自信たっぷりに転職エージェントランキングなど掲載しているところを見ると他にも嘘が多そうだ。

自分の頭で考えることが転職成功への近道

時間を無駄にしないためにも、先ずは自分で考える。ウェブで得た情報も自分でしっかり吟味する。誰が嘘を言っていて、誰が本当のことを言っているのか見極めた上で聞かなければならない。これは転職活動に限ったことではないはずだ

あなたみずからの良識に照らして判断しないといけない。

企業も自分で考えられる人材を求めている

考えるのが面倒だから人の意見にそのまま従うようでは、転職成功は覚束おぼつかない。企業は自分で考えられる人材を求めているからだ。

人の意見に従う場合には、先ず自分の頭でじっくり精査してからにしたい。

転職活動の全体像を把握する 転職活動を効率良く行うために、先ずは転職活動の全体像をきちんと意識する。 ...

考えて転職では、考えれば真偽を見極められる情報の提供を心掛けている。