いざ気合を入れ転職活動!でもどうしたら良いか分からない時

シェアする

全てやる

転職への意気込み

転職活動する気に満ちあふれている。

本気を出すぞ。

真剣にやるぞ。

熱い気持ちが心にみなぎる。

この時、具体的に何から手を付ければ良いか分かっているならあなたは幸いだ。

転職活動に取り掛かり、直ぐに熱い想いをぶつけられる。

空回からまわ

反対に辛いのは何から手を付ければ良いか分からない時だ。

熱い気持ちばかりが空回りし、不完全燃焼感を覚える。

そして性質たちの悪いことに、不完全燃焼感は焦燥感しょうそうかんに変わり、草臥くたびれてしまう。

転職の目的をきちんと把握せよ

こんな時は、冷静になって基本に立ち返ることが大切だ。

自分の使命ミッションを整理する。

先ずは目的、そして手段と順に整理して行く。

あなたの目的は転職を成功させることだ。

あなたにとっての成功の転職を深掘りして行こう。

あなたにとっての転職成功とは何か

先ずはあなたにとっての転職の成功とは何かをきちんと理解したい。

あなたが転職に何を求めているのかハッキリと認識することだ。

転職に求めるものを具体化する
  • やりたい仕事が有るのか
  • 収入をアップさせたいのか
  • 自分の時間を確保できる仕事にきたいのか
  • 仕事を通じて身に付けたいスキルが有るのか
  • 故郷、或は親元に住みたいのか
  • 今居る職場環境から単に離れたいのか

形に囚われる必要は無い。

何でも良いのだ。あなたの率直な気持ちを表現しよう。

転職にかける期待は、あなたの価値観※が反映される。

※ たとえ直接あなたの希望で転職するのではないとしても、配偶者や両親などの望みに応えたいというのも、あなたの価値観の現れだ。

転職の目的からはブレないこと

優先順位と共に転職に求めるものをしっかり理解する。

そうすれば、転職目的はぶれない。

ゴールが決まれば残すは手段

目的が定まれば、残りは手段の問題となる。

あなたができ得る全ての行動を列挙し、優先順位を付ける。

一つ一つを有機的にきちんとこなしていけば、転職活動に精一杯打ち込んでいると実感を持つことが出来る。

転職活動に精一杯打ち込んでいるという実感を持つことはことほか大事だ。

転職活動の具体的手段については
早期に転職が成功する効率的な活動方法 に詳しい。

不安無き転職活動

精一杯に転職活動しているという実感は、あなたの不安を大きく和らげる。

不安は、不完全燃焼の落とし子なのだ。

精一杯転職活動し、完全燃焼しているあなたには不安が付け入る隙は無い

手間や労力は問題にならない

あなたが転職活動に精一杯取り組むならば、労力や手間は問題にならない。

精一杯に取り組むことは真剣に取り組むと同義だ。

真剣に取り組めば労力や手間は問題にならないことは、¶ 真剣に求める(「考えて転職」について)でも触れている。

考えられることは全てやる

転職成功という結果を真摯に追い求めるならば、転職成功に辿り着けるかどうかこそが問題であって、転職成功に至る道程みちのりの険しさは問題にならない。

これは仕事でも同じだから、あなたも知っているだろう。

ゴールを最優先に考えない時、言い訳や不満が出てくる。

これはやらなくても大丈夫ではないですか。

それはやる必要が無いのではないですか。

と云った言葉だ。

転職成功というゴールにあなたを導くことが出来るか否かが問題なのだ。

その為に採りうる手段は全て採用する。

できることでやらなくていいことは何一つ無い

このくらいで良いのではないでしょうか。

も無ければ

これはやらなくて良いでしょう。

も無い。

全てやる

人生の行方を決める大事なのだ。そこに妥協があって良いはずがない。

私が経営者なら、自分の人生を決める大事に、甘ったれたことを言う奴は要らない。

転職を成功させるためにも気を引き締めて欲しい。

ここまで読み進められたあなたなら大丈夫だ。ダメな奴ならここまで読み進める前に、とっくに余所よそに行っているだろう。

転職活動の具体的手段については

転職活動の全体像を把握する 転職活動を効率良く行うために、先ずは転職活動の全体像をきちんと意識する。 ...