ITエンジニアになるのに遅すぎは無い!テックアカデミーの選択

シェアする

e-ラーニング

正社員になろう!

就職が決まらない。転職が決まらない。

あなたが新卒でも中途採用でも構わない。

ニートでも構わないし、アルバイト、パート、派遣社員といった非正規雇用でもいい。

今はスキルが無くても良い。

必要なスキルはこれから身に付けると決心することだ。

スキル不足・経験不足に逃げ込んでやしないか!?

少し昔話に付き合ってほしい。

歴史は繰り返す

西暦2000年になる前のことだ。

2000年問題、つまり2000年になったらコンピュータが誤動作する恐れがあると言われた時代の話だ。

IT業界では人手不足で、IT業界には高卒、専門学校卒、大卒でも文科系出身者が未経験でわんさか中途採用されていた時期があった。年齢も20代30代ばかりでは無い40代以上もたくさん居た。

エンジニア不足は依然として続いている

現在も同様にITエンジニア志望者は引く手あまただ。

これから紹介するテックアカデミーでは、40代後半で、未経験からスキルを習得して就職に漕ぎ着けた例もある。

技術環境は変化しても求人のあるところにこそチャンス

開発環境は当時と比べて大きく変化した。

大型コンピュータ(メインフレームや汎用機などとも)の求人需要が多かった時代のことだ。だからCOBOLコボルが持てはやされていた。

一方で、PCが普及し、C/Sクラサバ(クライアントサーバー)系の開発も増えた。当時は構造化プログラミングのC言語が主流だった。

開発環境は変化しても人材不足は変わらず

スマートフォンアプリの開発やweb環境での求人需要が大半を占める現代とは隔世の感がある。

技術や開発環境が変わったからと言って、人材不足は変わらない。求人のあるところに就職の機会きかいがあることも同じだ。需要に比べ就職希望者や転職希望者が多すぎる飽和ほうわ状態の労働市場よりチャンスが大きいことに説明は要らないだろう。

今なら、条件は付くが「就職保証」やキャッシュバック制度のあるオンライン講座まである。

これからテックアカデミーのオンライン講座の紹介をするつもりだが、予め伝えておきたいことがある。

就職保証に囚われ過ぎない

仮に「就職保証」の対象外だからと言って、

や~めた!

とは思わないことだ。

理由は分かるだろうか。

あなたの本来の目的

本来の目的は、実戦レベルのスキル、つまり技術力を身に付けて、就職することのはずだ。

開発現場で仕事のできるだけの技術が身に付けば、仕事にあぶれることは無いと考えて、スキル習得をしようと思ったのではないだろうか。

それなら、就職保証は二の次のはずだ。

そしてオンラインコースに就職保証が付いていることであなたに分ることがある。

オンラインスクールが講座の質に自信を持っているということだ。

IT企業とコネクションがあって、就職を紹介した受講生が、極端な話、使いものにならないと判断されるようならば、テックアカデミーの信用がなくなる。つまり就職保証を継続的に行うには、IT企業からの信頼が不可欠だということだ。

従って、受講生を開発現場の実戦レベルまで引き上げた上で就職サポートを行うということになる。

就職保証も、キャッシュバックも共通して8週間の期間内に学習プログラムの最終課題に合格された方と掲記しているのはその為だ。

逆に最終課題に合格できないようなカリキュラムならば、テックアカデミーが受講生からの信頼を失うことになる。一生懸命に学んで、最終課題に合格できないようなことは無いはずだ。

就職保証条件やキャッシュバック条件を確認してみて欲しい。ごく当たり前の条件だから、テックアカデミーのオンライン講座への自信が透けて見えることだろう。

キャッシュバック制度についても説明しておきたい。

巷でしばしば見られるような、高額で吹っ掛けておいて、いくらか払い戻すようなケチなものでは無い。税込みで受講料全額を払い戻すというのだ。

これについては更に説明が必要かもしれない。どういうことか分かりにくいかもしれないからだ。

就職サポートに秘密があると考えれば良いだろう。

テックアカデミーがオンラインスクールと人材紹介の二足の草鞋を履いていると考えられるということだ。

詳細なスキームについては知る由もないが、転職エージェントがクライアント企業に人材を紹介して紹介料を受け取る如く、テックアカデミーも就職サポートで実質的に同様の便益を得るということだ。

転職希望者であるあなた、テックアカデミー、IT企業の3者間の見事なWIN-WIN関係と言えるだろう。

胡散臭さが微塵も感じられない素晴らしい仕組みなのだ。

採用活動が旺盛な分野を見極めること

javaエンジニアを目指す人のためのオンライン講座を受講するのが就職への最短距離とは言えるだろうが、IT業界の転職市場の需給環境を考えれば、テックアカデミーで開いているオンラインコースはどれを選んでも構わないとは思う。

ただJavaエンジニアコースだけに「就職保証」は付けられている。他にもコースはいろいろとあるがJAVAコースだけなのだ。

だから特にこの技術を身に付けたいという希望が無いのならばJavaを選べば良いだろう。

ただ興味や学習意欲は、習得効率に直結する。ゲームアプリを作りたいとか指向性が有れば、そちらを優先した方が良いだろう。少なくとも私ならそうする。

「就職保証付き」オンライン就職予備校 Javaエンジニアコース ¶ 詳細ページを開く

既に触れた通り「就職保証」付きオンライン就職予備校Javaエンジニアコース以外のコースもたくさんある。


プログラミングでは

  • Webアプリケーションコース
  • PHP/Laravelコース
  • フロントエンドコース
  • WordPressコース
  • iPhoneアプリコース
  • Androidアプリコース
  • Unityコース
  • はじめてのプログラミングコース

デザインでは

  • Webデザインコース
  • UI/UXデザインコース

マネジメン関連では

  • Webディレクションコース
  • Webマーケティングコース

オフィス

  • Excel2013 コース

と多彩なラインナップがある。他にもセット割特別割がある。

テックアカデミーではトレーニング以外のすべてのコースでキャリアサポートが受けられる

少しでもITエンジニアになることに興味を持ったなら、無料説明会動画を見てみるべきだ。

ブートキャンプの無料体験もできる。

40代後半で未経験から始めてテックアカデミーのキャリアサポート経由でなく就職した例もあるという。興味が有るなら挑戦しなければ嘘だ!


因みにトレーニングとは

  • HTML/CSSトレーニング
  • Bootstrapトレーニング
  • GitHubトレーニング
  • Photoshopトレーニング

スキルを習得できる手ごたえを感じる

コース申し込みの前に無料説明会動画を見たり、ブートキャンプの無料体験を勧めるのは、テックアカデミーで受講することで、きちんとスキルが習得できるという確かな手ごたえを感じてから正式に受講して欲しいからだ。

あなたなりの見極めで運命を切り拓く

受講料を見て高いの安いの言っても意味が無い。あなたなりの見極めをきちんとして欲しいのだ。

ひょっとすると運命の出会いとなり、あなたはITエンジニアとしてのキャリアを拓く第一歩になるかもしれないのだ。

安いと感じて無料体験してみたら、価格以上の価値を感じてもらうことができるだろうし、高いと感じて無料体験することで価格に納得してもらえるかもしれない。

本当に価値を認めれば支払いはできるもの

一括払いだけでなくクレジットカードによる月払いも可能なので、価値を認めれば支払えないことは無いはずだ。

絵に描いた餅には支払えないが、味見をしてみれば納得して支払う気持ちになれるというもの。

無料で体験できるのだから尻込みしないで果敢に挑戦して欲しい。せめて無料説明会動画だけでも見ることだ。

求人が多いは神だ!尻込みするな!