納得できる転職活動をしないと転職後に響く

シェアする

納得の転職活動

転職活動で考えられる手立ては尽くせ

あなたの転職がどんなキッカケで始められたものであれ、決して間に合わせで済ませないこと。

少なくとも、あなた自身が転職活動を振り返って、精一杯に励んだと自分で納得できるだけのことをして欲しい。

理由は簡単。

転職活動終了後の就業で、あなたが納得して仕事にいそしむためだ。

転職活動にやり残し感があると、ちょっとしたことで心がざわめく。

人間は弱い。些細なことから不平や不満が直ぐに出て来る。そしていろいろと考えてしまう。

他にも選択肢はあったのではないか?

或は

他にやりようはあったのではないか?

そんな思いに捕らわれてしまう。

とらわれた心が、あなたに更なる不満や不安をもたらす。

あなたが転職活動に納得していれば、

やるだけのことはやったから!

と結果を受け入れられる。

できるだけのことはやったし、他の選択肢は考えられないと思えば、あなたの心の中の不平不満は抑えられるだろうし、自然に治まる。

無いものねだりをしても仕方のないこと。

それは転職活動を精一杯にやったあなたになら分かることだ。

「転職活動を精一杯やった」、「転職活動で考えられることは全てやった」と自信を持つことは、転職後の仕事ぶりも変える。

しばしば何かをやり遂げた経験を問われるのは、精一杯にやったという境地を知っているか否かを問うていると考えれば良い。仮に精一杯にやったという経験が無いのなら、今回の転職でその境地を味わって欲しい。間違いなくあなたの将来に有益プラスなものをもたらす。

新たに追加される職務経歴はあなたの転職の武器となる

そして今回の転職の結果が、次に来たるべき転職での基点となる。次のステップの踏み位置が、高くなるのも低くなるのも、今回の転職結果次第。

上昇螺旋スパイラルを描くよう転職を成功に導くことが、転職する以上はあなたの使命なのだ。

再び転職することを勧めるわけではないが、今回の転職結果で次の転職で武器となる職務経歴を作らなければいけない。

何故ならば、次の転職は考えていないとしても、武器となる職務経歴を形成するような仕事をすることは「良い仕事をする」ことを意味するからだ。

転職活動の全体像を把握する 転職活動を効率良く行うために、先ずは転職活動の全体像をきちんと意識する。 ...