転職成功の第一歩は現実と向き合うこと

シェアする

現実と向き合う

甘いことを考えていないか

転職に限らないが、厳しく現実に向き合わなければならない時、ともすると甘い言葉に流される。

転職情報も発信する側に問題があると有害なものとなる。

情報を発信する場合、大きく分けて2つのアプローチがある。このアプローチの違いは転職情報を有益なものとするか、有害なものとするかを決める。

情報発信の2つのアプローチについて見て行こう。

転職情報発信の在り方

ひとつは聞き手の心地良さを優先するアプローチ。

もうひとつは正しい情報を伝えることを優先するアプローチ。

聞き手の心地良さを優先するアプローチ

聞き手の心地良さを優先するアプローチは、発信した情報で聞き手がどこに着地するかをあまり意識しない。

気持ちよく聞いてもらえる内容を優先して語る。転職活動で言えば、楽して、労せずしてなどの言葉が好まれる。

聞いている当の本人は気付かなくても、傍で見ていると歯の浮くような台詞セリフ赤面せきめんものだ。そんな当事者には、あなたもなりたくはないだろう。

転職情報に欠けた前提条件

よくある質問のひとつ

転職エージェントには何社登録すれば良いですか。

に対し

転職エージェントには3つ登録すれば大丈夫。

これが先に挙げた聞き手の心地良さを優先するアプローチでの典型的な答え方だが、転職希望者の現在の状況を一切勘案しないで簡単に答える。これはきわめて無責任だ。

質問者が仮に転職エージェント10社に登録していたとしても、転職エージェントから求人の紹介が十分に受けられない状況ならば、まだまだ新たに転職エージェントに登録すべきだ。勿論、これが20社でも同様だ。

また、転職コンサルタントとの出会いに恵まれていなければ、職務経歴書を初め、応募書類の質がもっともっと向上できるかもしれない。
納得できる水準まで職務経歴書の質を向上させる|早期に転職が成功する効率的な活動方法

漠然とそんな質問の答えを求める方も求める方だが、答える方も、答える方なのだ。どちらも目的が、着地点がハッキリ自覚されていないからこんな愚問を臆面もなくできる。

それら一切に鑑みず、転職エージェントは3社登録で十分だとか○社で十分と言い切る理由はどこにあるのか。無責任な答えだと言い切る所以ゆえんだ。
ウェブ情報の大半は前提条件が欠けている|転職情報の嘘に騙されない-自分の頭で考えて転職

現実を正しく伝えることにこだわらないから、厳しい現実には極力触れない。

だから、あなたは心地良さを優先するアプローチでの転職情報を手にすれば、実際に活動開始した時は、情報と現実とのギャップに苦しむ。結果、時間は浪費され、転職は覚束ないだろう。

情報提供者は、あなたがどこに着地するかを意識していないから当然のことなのだ。

不安を煽るアプローチも同様

逆に、いたずらに不安を煽る情報も同じ根っ子にある。

この場合は、不安になり、下手をすると行動が止まってしまう。どちらも無責任だ。
誰のための「転職35歳限界説」なのか|評論家の言葉には耳を貸さない

情報発信者の目的

いずれにせよこれらのアプローチに基づく転職情報には問題がある。

正しい情報を伝えることよりも、情報発信者が望む一定の効果を聞き手に与えることを主目的としているからだ。

ゴシップ(噂話)なら面白可笑しく、聞き手が心地良ければ良いかもしれないが、転職情報ではそうはいかない。

転職情報は聞き手にとって或る意味で死活問題に繋がる。

正しい情報を伝えることを優先するアプローチ

一方で、正しい情報を伝えることを優先するアプローチでは、厳しい現実を伝える。

現実にこだわるから、聞き手の着地点は常に意識される。

できれば気持ちよく聞けるように語りかけたいが、現実からは目を背けない。

転職活動で言えば、楽してとか、労せずしてといった言葉はあまり使わない。転職が楽にとか、労せずして実現することは極めて稀だから。

目指すのは情報受信者が、あなたが転職成功に繋がる転職活動ができるようになること。

転職活動は失敗と困難の連続

転職は、真剣勝負だから、困難が伴う。大抵は挫折の連続だ。

良い求人であればあるほど、応募者が殺到し競争は熾烈しれつになる。だから当然の事だ。初戦で勝利を収めるのはかなりの強運の持ち主だと言える。

その前段階も、求人情報を集めたり、職務経歴書レジュメを作成したり、面接に備えて想定問答を考えたりしなければならない。これらは決して楽な作業ではない。

しっかり自分と向き合い、時には思い出したくない過去をきちんと思い出さなければならない場面も出てくるからだ。

応募書類や面接での受け答えの質を高めようと思えば、かなりの労力が伴う。

試行錯誤

転職エージェントの利用でも、計算通りにはいかない。転職コンサルタントに自分を十分に理解してもらうことが、自分に合った求人案件を紹介してもらうことに繋がる。しかしこれには困難が伴う。自分を正確に理解してもらうことは、とても難しいことだからだ。

表現するあなた側の事情もあれば、受け手である転職コンサルタント側の事情もある。転職コンサルタントとの出会いを重ね、試行錯誤するしかない。

無駄に苦労をしたり、労力を使ったりする必要は全く無いが、必要な苦労を避けることは悧巧りこうとは言えない。結果が付いてこなくなる。

生みの苦しみというものはある。

だから、甘言かんげんに惑わされないで欲しい。得体えたいの知れない甘いささやきの行き着く先は、不幸な結果と相場は決まっている。

自分の頭で考える

無駄な苦労を避けること。必要な苦労を見極めること。この特効薬は自分の頭で考えることだ。

自分の頭で考えるとは、自分の頭で情報を拾ってくるという意味ではない。

誰かの考えを拾って来たとしても、それをきちんと自分に引きつけて一から考え直すこと。

手掛かりにしても良いが、鵜呑うのみにしてはいけない。

「考えて転職」

「考えて転職」ではあなたが考えるための材料とその方法を示している。

例えば、転職エージェントの選び方を説明した場合では、どういう考え方に基づいて、どういう結論を出したかを示している。

だから、その考え方(ロジック)をあなた流にアレンジして転職活動に役立てて欲しい。

師事してはいないだろう

大上段からの「~すべきだ」といった言葉は、あなたが真に信頼する師とでも言える人物以外からのものは鵜呑みにしてはいけない。

何かについて師事している場合は、一時的に鵜呑みのして、修行することには意味がある。一段上がらないと見えない展望を見た人からの言葉には重みがあるからだ。

だからあなたが本当に「転職活動の師と尊敬できる人」からの言葉なら、解らずとも従って良い。

ただ、信頼できる相手だからといって、「転職活動の師」と呼べる人物でないのなら、鵜呑みはいけない。信頼の意味が違うからだ。

自分の頭で考えること。転職成功の秘訣はこれしかない。
自分の頭で考えることが転職成功への近道|転職情報の嘘に騙されない-自分の頭で考えて転職


異なった切り口で、転職情報を2つの種類に分けて説明している。
転職情報の2つの種類|転職情報の嘘に騙されない-自分の頭で考えて転職