評論家の言葉には耳を貸さない

シェアする

評論を聞くと混乱する

雑音はシャットアウト

何もしない奴に限って口数が多い。

きちんと論理立てた説明ならば、傾聴に値するかもしれない。考える糸口になり得るからだ。

だが、前提条件が曖昧あいまいで、単に言いたいことを言っているだけの発言には耳を貸す必要は無い。

ただでさえ転職活動中というものは心がざわめくもの。

くだらない言葉で心を掻き乱されるのはご免だ。

評論家

くだらない言葉の例を挙げてお話ししよう。

転職35歳限界説

まことしやかに言われているようだが、35歳以上で転職しているものは山ほどいる。

35歳が限界ではない。かつては転職30歳限界説なんて言われていたこともあった。転職が今ほどメジャーではない時代だ。

有利に転職できるのが35歳なのか。

40歳でも50歳でも有利な転職ができる人材はいる。

それなのに「何が言いたいのだ」ということになる。

誰のための「転職35歳限界説」なのか

転職は個人的なものだ。一般的傾向を論じても、個人には役に立たない。

語る相手を間違っているのだ。

聞くに相応ふさわしそうな相手は、政治家や学者らだろう。現代社会の傾向を知り、分析し、政策や方策を考えるのには役に立つかもしれない。

要するに、一般に向けて発信しているのは、馬鹿か、愚か者か、人を不安に陥れるのが好きな下賤げせんということになる。

無暗に人の生存にかかわる不安を呼び起こすな

仕事、こと生業なりわいのことで人を不安に陥れるような言説は差し控えてもらいたいものだ。

35歳を過ぎて、転職しなければならない境遇になった人に死ねとでも言いたいのだろうか。

35歳を過ぎても転職に成功している人は居る。59歳で転職し、幸せに働いている人を知っている。

だから全く以って意味不明だし不愉快なことこの上ない。

この手の言説は一切無視して差し支えない。いや、それどころか無視すべきだ。

同僚

転職する勇気の無い奴に限って、転職を止めようとする。

どこに行っても同じだよ。

言葉巧みに引き留めようとする。

一度も転職したことがないのにもかかわらずだ。

行動を起こす勇気の無い奴の言うことを聞いてはいけない。あなたも同じ穴のむじなになってしまう。

転職や退職の話を、決定する前に同僚と話すことは感心しないが、職場によっては、日常的に転職の話題が口にされる。そう、平気で口にできる時点で、腐った職場だ。

退職すべき会社とは、案外とそんなものだ。

たとえそのような会社にいたとしても、同僚には、転職や退職の話は冗談程度に留めた方が良い。

真剣に語ると彼奴らのスイッチが切り替わり、思わぬしっぺ返しを受けることも考えられる。

無能な奴らの嫉妬とは怖いものなのだよ。

だから転職や退職は決まってから伝えること。

井の中の蛙

井の中の蛙大海を知らず。

そんな奴らに限って会社に縋分すがり付くように寄生している。

転職すべき時期というものはある

故P・F・ドラッカーの言葉で、組織を辞める正しい時期について

組織が腐っているとき、自分がふさわしい地位や立場にいないと感じたとき、あるいは成果が認められないとき(日経BP社のメールマガジン 2014年3月12日号

とある。

見切り千両

見込みの無いもの、期待のできないものにいつまでも固執して留まるのは悧巧りこうではない。

組織が腐っていても、やり様があり、あなたが会社を動かせる立場なら、変革を試みるのも1つの英断だろう。

一方で、あなたが会社を動かせる立場にいないのなら、消化試合をいつまでも続けるのは時間の無駄だ。

人生を消耗してはいけない。

見切りをさっさとつけてて早々に転職すべきだ。

転職活動の全体像を把握する 転職活動を効率良く行うために、先ずは転職活動の全体像をきちんと意識する。 ...