面接の極意|落胆が減る心構え

シェアする

面接

転職活動に当たって注意しなければならないことがある。それは採用される側だからと云って下手に出過ぎないことだ。

傲慢は勿論以ての外だが、謙遜過ぎるのもいけない。

謙り過ぎると、判断を誤る原因になるからだ。

面接の極意

経営者が直接採用活動に当たる場合もあるが、多くの場合は従業員だ。つまり、入社すれば、あなたの仲間になる人である。

経営者でも従業員でも言えることだが、聖人君主であるわけでは無い。

おかしな行動や無礼な質問をすることもある。

そんな時には、恐縮しないで、

この会社は実際のところ大丈夫なのだろうか。

こんな質の悪い人間を大切な採用担当に当てるなんて・・・。

このように冷静に面接者を見定めるくらいのゆとりが欲しい。

さもないと、折角の面接で、相手はあなたのころをしゃかりきになって知ろうとしているのに、あなたは訪れた企業の実態を知ることができないからだ。

面接者※をあるがままに見られるくらいの余裕があれば、あなたを面接に迎え入れた会社の環境から、様々なことを読み取ることができる。

※ 面接官という言葉が好ましくない気がする。そこで面接者とした。「官」という文字が、「務め」という意味合いだけに留まっていれば良いが、些か公的な響きを覚える人も少なく無いのではないか。

落胆が減る心構え

ブラック企業は言うに及ばず、おかしな会社を見極められれば、あなたの方から見切りをつけ、内定したとしても辞退する選択肢も生まれてくる。

好かれたくない

仮に断られたとしても、傷ついたりしないだろう。寧ろ、おかしな企業に好かれ無かったことを誇りにすら思える。あなたはブラック企業に好かれるとしたら、ゾッとしないだろうか

あなたが入りたい会社だからこそ、断られると落胆する。ところが、入りたくない会社が断ってきたとしても、痛くも痒くも無い。

面接の意味

そう考えると、あなたが応募した企業をきちんと見極められれば、面接で不採用になった場合のショックはかなり少なくできる。面接に赴いた企業が、そうそうあなたのお眼鏡に適うとは思えないからだ。

見極める為に

だから決して切羽詰まった気持ちになってはいけない。いつもあなたは訪れた会社を品定めするつもりで見る。そんな気持ちであれば、圧迫面接も怖くない。寧ろ、狂気的に見えるだろう。圧迫面接をする企業にまともなところは無い。(¶ 面接に来た人はお客様|隠れた潜在顧客を見落とすな|経営について考える

面接時に起こったこと、入社前に起こったことは、入社後も繰り返し起こる。デジャブに頻繁に遭遇するということだ。

入社前の失礼、非礼、無礼は、入社後に必ず起こる、それも繰り返して。相手に敬意を払えない採用活動をするような企業は、入社後もきっとあなたをぞんざいに扱うだろう。

採用担当から全て読め

企業が採用担当に優秀な人材を割くのは、採用活動を通じて企業が見られ、その見られ方で、入社してくる人材、将来の会社を支える人材が決定されてしまうからだ。

採用活動の重要性が分からない企業、或いは優秀な人材を置いてすらもぞんざいになってしまう企業は、あなたからお断りすべきなのだ。

対等の意識

あなたが選択権を持ち、企業を見極めるのだと思えば、面接時には雰囲気などに飲み込まれないで済む。

傲慢に見えない程度に、対等であることを意識する。

面接とは、採用していただく為に行くのでは無く、あなたが働くに相応しいところかを見極めに行く。

あなたがそう心掛けられれば、自然と面接では積極性が出て、まともな相手なら好印象を持つだろう。※

※ 単に従順で、文句を言わないだけの人材を求めている企業には、好かれないかもしれない。先に「ブラック企業に好かれるとしたら、ゾッとしないだろうか」と触れたのは、ブラック企業に好かれるには好かれる理由があるからだ。