正統派の転職活動

転職による飛躍のイメージ

転職活動についてきちんと考えよう!

あなたはどのように転職活動しますか?

と質問されたと想像して欲しい。

あなたの答えが

先ずは応募書類として履歴書と職務経歴書を作成。

求人情報を探して応募。

内定をもらって就職。

なのだとしたら、

転職を成り行きで決めるつもりなのかとそしりを受けても仕方のないやり方だ。

何故なら、あなたの転職活動には何の戦略性方法論も見えないからだ。

手近なところで済ませるのは最悪の方法

く言う私も実は成り行き任せの転職活動で失敗したことがある。

当時は、求人広告の載った媒体メディア如何いかに求人情報をたくさん集められるかが転職成功の鍵だと思っていた。転職活動の方法論にまで頭が回らなかったのだ。

しかしながら手近な募集広告では極端な高嶺たかねの花通年採用している離職率の高い企業が目白押し。

転職こそできたものの、好ましい結果は得られなかった。

正しい転職活動

転職活動の正しい方法さえ知っていれば、可能性は100倍以上に広がっていただろう。

100倍なんて大袈裟おおげさなと思うあなたは以下のコラムを読んで欲しい。

さもありなんその通りだろうと素直に思えるあなたは、コラム「100倍は大げさではない」はパスして、早速さっそく、本題に入って欲しい。(コラム「100倍は大げさではない」をパスして ¶ 大きなチャンスに気付かなくて良いのか!?)へ)

§ 100倍は大げさではない §

転職は1度失敗すると可能性が縮まり、小さくなる。逆に1つ転職に成功すれば、続いてはそれを基点ベースに次が狙える。

だから一つ一つの転職はとても重要だ。

転職に成功した人と失敗した人がいたとする。

転職に成功した人は満足度の高い環境で仕事をしているから、実績も上がり易い。士気モラールは高くなり、結果として更に実績に繋がり易くなる。

一方、転職に失敗した人では、不満がくすぶり易く、やる気が出にくい。

それだけなら、本人の意識の持ち方でなんとかなりそうに見えるかもしれないが、そう簡単ではない。

働く環境が違ってくるから、習得できる経験、スキル、人脈、ノウハウなど諸々の面で差が付いて行ってしまう。本人の意識の切り替えだけではどうしようもない部分があるのだ。

その意味で新卒がリクルートスーツで身を包み、アッパーサイド(上限)ギリギリの就職先を狙うのは、かなっている。身を置いた環境に自分の成長は影響を受ける。

次はもう転職しないと決めているなら、失敗は尚更なおさら許されない。

転職の失敗は1度でも、次の転職では基点となり、将来に大きな影響を与える。だから大きな意味を持つ。転職は万全を期し、納得のいく転職活動をしなければならない。 (¶ 納得できる転職活動をしないと転職後に響く)

自戒を込めて話を続ける。

過去の失敗を踏まえて、あなたに聞きたい。

大きなチャンスに気付かなくて良いのか!?

仮にあなたが、先の転職方法で十分だと考えているのなら、いくつか聞きたい。

  1. 応募する企業は、十分な数の候補から選択したと言えるのだろうか。
  2. 提出する応募書類は質的に十分な水準のものなのだろうか。
  3. 転職候補として選定した職種・業種は十分に吟味し検討したものだろうか。

以上の3つの質問は以下の質問の変化形。

あなたの転職にはもっと良い候補企業や可能性の広がりがあるのではないか!?

というものだ。

あなたのやり方にケチを付けるつもりはない。

気付かず見過みすごそうとしているチャンスに、ただ、気付いて欲しいだけなのだ。

転職活動には方法がある

転職活動の方法さえ間違えなければ、もっともっと良い転職先候補は見つかり、書類選考の通過率なども向上する。

あなたのこれまでのやり方では出会うことができない求人企業を見い出し、選考に合格する可能性がアップする。

より質の高い効率的な転職活動が実現し、転職が成功する。

何に取り組むにしても言えることだが、方法論をきちんと意識した人間が最終的には優位に立つ。甘い話に耳を貸し、労を惜しんだ者は、割を食うのは理の当然なのだ。※

※ 今の世の中、特にウェブ情報では、耳障みみざわりは良いが、目指す目標ゴールへ導かない言葉があふれている。一方で、不愉快なだけで、何ら有益なものを生み出さない言葉も多いのだが。

無策で求人企業を探し、職務経歴書を作ったとして、然るべき方法論で求人企業を探し、応募書類を作った者には勝てない。

転職という人生の節目である肝心な時に、方法論を意識し、正当な方法論にのっとる労を惜しんではならない。

転職の重大性をしっかりと再認識せよ!

大がかりな仕事をするときには、直ぐに動き出したりせず、先ずは計画を立てるのではないだろうか。

仕事に取り掛かる際には、事前にゴールまでの過程プロセスを考え、計画を立て、仕組みや体制を作り、段取りしてから始めるのではないだろうか。

転職活動でも同じことだ。

先に述べた「転職活動の方法論を意識せよ」を言い換えるとそういうことだ。

転職は、あなたの将来、あなたの人生を大きく左右する大仕事おおしごとであって、一大プロジェクトでもある。

これを「成り行き任せ」や「行き当たりばったり」で決めて良いはずがない。

これには、あなたも同意してくれることと思う。

それでは転職活動の方法を具体的に考えて行こう。

転職が早期に成功する効率的な活動方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする