転職サイトの種類

シェアする

検索

あなたは転職サイトといってどういうイメージを持つだろうか。

転職に関するすべてのサイトが転職サイトという見方もあろうが、皆それぞれに一定のイメージを持っているのではないか。

「考えて転職」も転職サイトだ。

転職活動を効率良く円滑に行い、成功裡に終えるためのノウハウを提供するために作られた。

こう云った転職活動のノウハウにかかる情報を提供する転職サイトがある。

転職サイト

恐らく多くの人が転職サイトという言葉をパッと聞いた時に想起するのは、求人情報が集まっているウェブサイトではないかと思う。

ここでは、転職サイトを求人情報を提供するウェブサイトという位置付けで、話を進めたい。

求人情報の2種類

求人情報(求人案件)には大きく分けて2種類ある。

企業が直接募集している求人案件と転職エージェント(人材紹介会社)が預かっている求人案件の2つである。

従って、転職サイトもこの2つの求人を基に、分類できる。

企業からの直接の求人案件が集まった転職サイトと転職エージェントが預かっている求人案件を集めた転職サイトである。

企業からの直接求人が集まっている転職サイト

企業からの直接の求人案件が集まった転職サイトとしては、リクナビNEXTが挙げられる。

リクナビNEXTでは、企業からの直接の求人案件をあなた自身が検索し応募することができる。

求人企業からの直接の案件を集めた転職サイトとしての機能に加え、拡張機能としてスカウト設定をオンにして置くと、登録している求人企業からのオファーメールや転職エージェントからスカウトメールをもらうことができる。

もちろん皆が必ずオファーメールやスカウトメールをもらえるわけではないだろうが。

また同様の転職サイトとしてイーキャリアが挙げられる。

こちらも企業からの求人情報(求人案件)を集めた転職サイトだ。

選択肢を増やすためにも、転職サイトは数多く登録した方が良い。

人材紹介会社預かりの求人が集まった転職サイト

一方で、転職エージェントが預かった求人情報を集まった転職サイトもある。

むしろ、転職エージェントが集まったサイトと云ったほうが良いかもしれない。

登録しておいて、転職エージェントからのスカウトを待つのも良い。

極め付けは転職エージェントのサイト

大手準大手級の転職エージェントであれば、極め付きはやはり転職エージェントのウェブサイトだ。

転職エージェントによっては、預かっている求人を公開・非公開問わず、全て検索できるようになっている。

求人案件の質、数量共に文句無しだ。