「自分の頭で考える」ことは「過剰反応しない」を含む

シェアする

過剰反応しない

あなたは転職活動をまずたゆまず虎視眈々こしたんたんと続けているだろうか。

あなたはこれから転職成功の栄冠を掴むまで、ずっと虎視眈々こしたんたんと転職活動を続けられるだろうか。

転職活動は、ことほか、辛い部分がある。

転職を意識した瞬間、或は転職活動をしている時、心がざわめくことが多い。

まずたゆまず虎視眈々こしたんたん

ポジティブな面に目を向ける

でもその一方で、あなたは確かに知っている。

新天地での新しい生活のはじまり。

転職活動に至った経緯いきさつ様々さまざまだろうが、あなたがこれから人生の新しい1ページを開くという大きな希望があることを。

しかも、あなたは、これから自分の新しい1ページの内容を、自ら選択できる。

差し当たり今現在は、良い転職先候補が見当たらないとしても、希望を持つこと。

僥倖ぎょうこうは希望を持っている者にしか訪れない。

僥倖ぎょうこう
偶然に得るしあわせ。(岩波国語辞典 第六版

転職成功の近道

転職活動をする時は、いつも自分の頭で考えることを意識的に行って欲しい。

誰かに答えを求めるのではなく、誰かからヒントをもらうことはあっても、誰かの考えを丸々自分の考えとはしない。

それが転職成功への近道だ。

例えば、面接に行ったとしよう。

採用担当者の話を鵜呑うのみにしてはいけない。どこかに反証があるかもしれない。

募集要項の内容や求人を紹介してくれた転職コンサルタントの話と齟齬そごがあるかもしれない。

注意深く耳を傾けること。

採用担当が言っていたからこういうことなんだろう。

転職コンサルタントが言っていたからそういうことなんだろう。

と云った具合に自分に都合の良い部分だけをつなぎ合わせたポジショントーク※になってはいけない。

ポジショントーク
自分(のポジション)に都合の良いように事実関係を解釈すること。

辻褄が合っていなければ、誰かが間違っているか、嘘を言っている。

あなたが自分の頭で考えるということは、誰かの考えや誰かの言っていることに乗っかることではない。あなた自身の頭で、「考え」(論理)を再構築すること。そして正しい現実を理解すること。

それが、「考えて転職」するということだ。


一つだけハッキリしていることがある。誰もあなた以上にはあなたの将来について心配してはいないということ。

嘘や出まかせ、間違いで傷つくのは間違いなくあなた自身に他ならないということ。

過剰反応することも自分の頭で考えていない証拠

自分の頭で考えるということには、過剰反応しないということも含まれる。

ありがちなこととしては、何か1つ問題が起こると全てがそうだと決めつけることだ。

例を挙げよう。

転職エージェントに登録した。

転職コンサルタントが求人を紹介してくれた。

ブラック企業だという評判のある企業だった。

転職エージェントが紹介する企業は良くない。

転職エージェントは使えない。

このような思考では、自分の頭で考えたとは言えない。

単に反応しただけだ。

人がやっていると馬鹿なことをと思うことでも自分だと気づかないものだ。正に箴言しんげん「人の振り見て我が振り直せ」の神髄しんずいだ。

ではどうする。

転職コンサルタントが紹介してくれ、ブラック企業だという評判がある企業だと判明したら、それを問いただしてみるのが良いだろう。

風評以外の何か情報があるかもしれない。

あなたに紹介はしたものの、あまりお勧めしないと云った暗示やほのめかしは無かっただろうか。

転職エージェントは、たとえブラック企業であったとしても、求人企業の登録は拒めないという法律的背景がある。(全件受理の原則)

従って、転職希望者に紹介せざるを得ない側面があるのだ。

紹介されても応募しない自由があなたにはあるし、気の利いた転職コンサルタントなら、何らかのサインを送ってくれるだろう。

あなたは、ただ出された求人を闇雲やみくもに応募するのではなく、自分の頭で考えて応募するかしないかを決めるのだ。

人から答えをもらおうという態度を持った時点で、あなたは既に「自分の頭で考えて転職する」ことから逸脱してしまっている

過剰反応しないことはとても大切だ。

過剰反応は全否定につながる

自分で考えると、有るモノを有るがままに評価することができる。

ブラック企業の求人が掲載されているからこの求人媒体メディアは駄目だなどと、極端に走った評価をしないこと。

あなたが気づいていないだけで、どの求人メディアにもブラック企業は掲載できる

ブラック企業の求人が載らない理想的な求人媒体など存在しない。先に述べた全件受理の原則があるからだ。

過剰反応の本当の理由

あなたは本当は気付いているのではないか。

あらゆる求人チャネル、新聞・雑誌などの求人広告、転職サイト、転職エージェントどれを取ってみても、良い求人があれば悪い求人もある。

本当のところは、あなた自身も知っていることだ。

あなたが自覚しているかいない定かではないが、実のところ、労を惜しんでいるのではないか。

この求人メディアは駄目だと決めつければ、そのメディアを見る必要は無くなる。

転職エージェントは駄目だと決めつければ、転職エージェントに登録することはおろか、転職エージェントのことを考える必要すら無くなる。

こう言った思考方法を採れば、いずれは転職活動ができなくなるし、転職も成功しない。あなたのお眼鏡めがね眼鏡にかなう求人チャネルは決して存在しないから。

かしこく活用する

安易にダメ出しすれば、その時点で、あなたはたくさんの可能性を無下むげに捨てていることになる。駄目出しなら馬鹿でもできる。使えないように見えるものを上手く使うのが悧巧りこうというものだ。


もう少し自分の頭で考えて転職について知りたいあなたは

転職成功の第一歩は現実と向き合うこと

転職情報の嘘に騙されない-自分の頭で考えて転職

当サイト「考えて転職」について興味を持ってくれたあなたは、当ウェブサイト「考えて転職について」に当たる

真剣に求める|考えて転職について